プラチナサポーターズ松本/プラチナサロン
過去の活動  ■H30  ■H29  ■H28 

平成28年度の活動

 

プラチナサロン(3月11日)鳥の世界「男と女」& ふれあいサロン & 交流会

鳥の世界「男と女」鳥の世界「男と女」 講師:上條 恒嗣(こうし)氏(プラチナサポーターズ松本・信州野鳥の会会長)
プラチナフォーラム参加者や市民タイムス等の掲載を見て初参加された方が4名ほどいた。野鳥の観察にはちょうど良い時期でもあり男性がいつもより少し多かった。
ふれあいサロンではプラチナコーラスの練習曲が何曲かあって皆さん楽しそうに歌っていた。交流会も話が盛り上がっていたようでした。
交流会ふれあいサロン

 

プラチナサロン(2月9日)「男だってアロマテラピー」&「戦争遺産」

アロマテラピー 千日八代表 笠松氏アロマテラピー 千日八代表 笠松氏インフルエンザの流行、悪天候により参加者が普段より少なかった。しかし初めての講座でアロマに興味のある方が多くいた。アロマの香りは認知症予防や健康を維持するのにたいへん役立つし、アロマオイルを使ったマッサージは疲れを取ったり、身体を温めることも分かった。早速家に帰り頂いたアロマオイルを使いマッサージをしてみたいという参加者が何人もいた。
戦争体験戦争体験午後は講師が旅をしてきた舞鶴や知覧の話を聞いた。戦争に関する話題はプラチナ世代にとっては感じる想いが多々あるようだった。交流会に入っても話が尽きず、満州開拓や自衛隊派遣まで話は盛り上がっていた。

 

プラチナサロン(1月12日)新春寄席 & 正月遊び 他

新春寄席新春寄席琴の演奏


 毎年恒例の新春寄席。今回はサポートセンター職員の草間さんの琴の演奏で始り正月の雰囲気を醸し出した。琴の演奏を間近で聞く機会がなかなかないので多くの方が身を乗り出し聞いていた。次はこれも初めての安来節で賑やかく会場を沸かせた。落語は征矢野さんと小岩井さんにそれぞれ一席ずつ。寄席には欠かせない出しものとなった。南京玉すだれの百瀬さんは手遊びや植物の花を見てどんな果物や野菜か当てる遊びを用意してきてくれた。普段食べている果物や野菜の花を意外と皆さん知らなかった。マジックは柴山さんで一段と腕を上げていた。時間調整で急きょ上條さんが「愛染かつら」の紙芝居を披露。役者になりきった上條さんの芝居を楽しみました。最後に今回二回目の出演の高山さんのサックス演奏を聞いたプラチナメンバーが「サックスを新しくしたから音がとても良かった」と言ったところ高山さんは以前のものと替えてないとのこと。高山さんも腕を上げたようでした。

南京玉すだれ植物の花クイズ安来節


サックスの演奏紙芝居マジック


 午後はサックスに合わせ皆さんで歌を楽しみました。石原裕次郎の歌はやはり多くの皆さんが知っていました。正月遊びは今回かるたのみでしたが、四つのテーブルに分かれ童心に返り楽しんでいました。最後は皆で簡単マジックを覚えようと柴山さんからティッシュのマジックを二つ指導していただいた。簡単そうだったがなかなか出来ず、家に帰って各自の練習となりお開きとなった。新聞の掲載記事や口コミにより今回も初めて参加の方が数人いて「一日楽しかった」と笑顔でおっしゃっていただけました。また、演じる方々も年々腕を上げ頼もしく感じました。

簡単マジック簡単マジック


 

プラチナサロン(12月8日)『絵手紙で年賀状』 & ふれあいサロンに参加してクリスマスコンサート & 交流会

絵手紙で年賀状絵手紙で年賀状毎年恒例となった絵手紙講座。来年の干支の酉を講師の見本を参考に各自が描きました。出来上がった作品に皆さんが満足していました。
ふれあいサロンに参加(クリスマスコンサート)読み聞かせ(満蒙開拓にまつわる話)午後はふれあいサロンのクリスマスコンサートに参加して一足早いクリスマスを楽しみました。
交流会は先日、天皇、皇后両陛下が阿智村の施設を訪問されたことで満蒙開拓に関する読み聞かせをしたいと竹内さんから申し出があり行われました。

 

プラチナサロン(11月10日)歴史散歩『城の鬼門をめぐる』

北上横田町福徳稲荷社 今回は「松本城の鬼門を巡る」街歩きで地図にない道を歩きながら稲荷を巡ったり井戸の跡、神社を散策しました。資料にメモを書きながらの方が多くいてこの講座を楽しんでいる様子でした。

午後は街歩きのふり返りをしました。聞き漏らしたことなど質問をしていましたが途中、眠気をもようしている方が数人いたので「プラチナサポーターズ松本」を紹介する紙芝居を上條さんに披露していただきました。
岡宮神社

 

プラチナサロン(10月13日)『狩猟の現場からみた自然界の変化について』

狩猟の話狩猟の話 狩猟をとおして講師が見た事実や今後の自然界の予想を興味深く知る講座でした。 現在さかんに言われている「地球温暖化」が鹿の繁殖増加に関係しているとは参加者は考えていなかったと思います。

鹿が増えることで植物の分布が変わり植物を求める蝶、虫、鳥の分布までも変わってしまっているとのこと。さらには狩猟をする人が少ない上に高齢化していて現在猟師の70%が65歳以上で数年すれば狩猟ができなくなってしまい益々鹿が増殖してしまうだろうと話されました。そんな中最近「狩ガール」と呼ばれる女性のハンターがわずかだが現れていて期待されているらしい。

 

プラチナサロン(9月8日)『男の料理教室』

男の料理教室男の料理教室今回は男性のみの募集で開催し定員は20名でした。男性参加者は講師の説明にメモを取りながら真剣に講師の手元を見ていました。そして分からないこと、疑問に思ったことはすかさず質問していて関心の高さを感じました。

「計量スプーンで粉ものはどうやって量るのか」「色止めとは」など新鮮な質問でした。講師も料理初心者に合わせ細かい手順や作業を指導してくれました。(青野菜を茹でる際は早めに鍋から出して水にはさらさずうちわの風で冷ますと火も通るし色も良い。こんにゃくのあく抜きも水にさらさず自然に冷ます。エビの背ワタの簡単なとり方。鶏肉には食中毒を起こす細菌が多いので特別扱いの必要があるなど)

 

プラチナサロン(8月11日)『傾聴講座フォローアップ』

Show and Tell傾聴講座フォローアップ祝日で参加者を心配しましたが予想以上の参加がありました。
今回初めての企画の「Show and tell」はプラチナサポーターズ理事が口火を切って始めました。みなさんの思い出や思い入れに聞き入り、納得したり、自分自身と照らし合わせることができたのは良かったと思いました。

 

プラチナサロン(7月14日)『雑学のすすめ』

雑学「ザ・相撲」がんばれ御嶽海!! と題して相撲通の杉山氏の講座。 相撲の歴史からスタートしてお相撲さんのお給料までを聞いたところで時間いっぱいに。

御嶽海の知られざる話は次回へ持ち越しとなった。

午後13:00~14:00はふれあいサロン (施設利用者と参加者の交流会)に参加して夏の歌 を一緒に楽しみました。

午後の健康講座は細野さんによる 暑い夏を乗り切るための「熱中症対策」でした。 1日に必要な水分の目安は3度の食事と10時と午後3時に1合の水またはお茶を飲む事を習慣づけるとよいそうです。

さらに寝る前の水分補給もとても大切とのことでした。

 

プラチナサロン(6月9日)『城下町・街道を歩く』

街歩きのふり返り城下町・街道を歩く 6月のプラチナサロンは「城下町・街道を歩く」33名の方が参加されました。北門大井戸は中まで入って見るのは初めての方が意外に多くいました。この井戸は明治に入り、旧大柳町の北端の総堀が埋め立てられ、その跡に新たに作られた突井戸とのことです(午前写真左)

午後は街歩きをふり返りました。聞き漏らしたことを質問する方が多く、人気の講座だということがわかりました。

 

プラチナサポーターズ総会(5月12日)

プラチナサポーターズ総会プラチナサポーターズ総会 プラチナサポーターズ松本が15名で発足して4年。会員が70名を越すようになり初めての総会を開催した。新役員や会員を交え会則、活動目標、予算について確認した。総会終了後、会員の交流を深めるための懇親会もおこなった。サロンでは見えない素顔をたくさん見ることができた。

 

プラチナコーラスの練習

プラチナコーラスの練習プラチナコーラスの練習毎月第3金曜日の10時から12時はプラチナコーラスの練習日。施設などから依頼を受け一緒に楽しみながらの訪問ボランティアをしている。

 

プラチナサロン(5月12日)『車椅子の使い方』

プラチナサロン:車椅子の使い方プラチナサロン:車椅子の使い方5月サロンは乗る方の気持ちになった車椅子の押し方を学んだ。ちょっとした操作の仕方で乗る方が安心して心地良くいられることを全員が体験した。

 

プラチナサロン(4月14日)『続々・知られざる松本城の話』

プラチナサロンプラチナサロン観光客が年々増加している松本城なのに身近に暮す我々は意外と詳しい歴史を知らない。受講後行ってみようと思った方が多くいたようだ。

申年にちなんだ話。世界遺産の日光東照宮の三猿は皆さんご存知。しかし、厩猿信仰として猿は古くから厩の守り神とされてきたことはあまり知られていなかった。午後の眠気が覚めたお話でした。

 

 

令和元年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成30年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成29年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成28年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。

 

プラチナサポーターズ松本

ゆとりの出来た時間をいきいきと!新たな発見!自分のために、社会のために。地域でビューしませんか?

※「プラチナ」とは?歳月を重ねて一層輝くシニア世代のこと。

<プラチナサロン> 地域デビューを応援します!

社会参加のきっかけ作りと情報提供の場として、プラチナサロンを毎月1回開催し、プラチナサポーターズ登録講師による各種講座や仲間作りのための交流をしています。はにかみ屋さんの男性が参加しやすいように、企画運営には男性がたくさん関わっています。
(特技披露、体験講座、健康体操、うた、茶話会、etc)

  • 日時:毎月第2木曜日10:00~15:00
  • 会場:市民活動サポートセンター

 

<出前講座>タレント講師派遣します!

プラチナサポーターズに登録するタレント(特技ボランティア)を市内施設や地域に派遣しています。
漫談、落語、マジックなどの演芸、民話の語りや音楽などを披露し、観客を楽しませるエンターテイナー。健康体操を指導する保健師や家族信託など資産に関する専門家…等々。現役時代の専門分野を噛み砕いて楽しく伝える講義(科学・化学、わが町の歴史など)や伝統文化伝承、男の家庭科、雑学に至るまで、硬軟取り混ぜ幅広いテーマを取り揃えています。

  • 日時:随時(ご相談ください)
  • 会場:公民館、地区福祉ひろば、デイサービス、福祉施設、民間サロン、小・中学校、各種学校、ほか

 

<ボランティア養成講座>学びます!

プラチナ世代の不安や悩みなどの分かち合い、自己発見と仲間作りのため、傾聴ボランティアとして地域で活動するため、2013年より「傾聴ボランティア養成講座」を自主企画し開講しています。
また、ボランティアスキル向上のため「託児ボランティア養成講座」やプラチナ世代を楽しくいきるための「介護講座」などで学んでいます

 

<お申し込み・お問い合わせ>

市民活動サポートセンター(大手事務所2階)
TEL/FAX:88-2988
Email:platinum@support-center.jp