プラチナサポーターズ松本/プラチナサロン
過去の活動  ■H30  ■H29  ■H28 

プラチナサポーターズ松本

ゆとりの出来た時間をいきいきと!新たな発見!自分のために、社会のために。地域でビューしませんか?

※「プラチナ」とは?歳月を重ねて一層輝くシニア世代のこと。

<プラチナサロン> 地域デビューを応援します!

社会参加のきっかけ作りと情報提供の場として、プラチナサロンを毎月1回開催し、プラチナサポーターズ登録講師による各種講座や仲間作りのための交流をしています。はにかみ屋さんの男性が参加しやすいように、企画運営には男性がたくさん関わっています。
(特技披露、体験講座、健康体操、うた、茶話会、etc)

  • 日時:毎月第2木曜日10:00~15:00
  • 会場:市民活動サポートセンター

 

<出前講座>タレント講師派遣します!

プラチナサポーターズに登録するタレント(特技ボランティア)を市内施設や地域に派遣しています。
漫談、落語、マジックなどの演芸、民話の語りや音楽などを披露し、観客を楽しませるエンターテイナー。健康体操を指導する保健師や家族信託など資産に関する専門家…等々。現役時代の専門分野を噛み砕いて楽しく伝える講義(科学・化学、わが町の歴史など)や伝統文化伝承、男の家庭科、雑学に至るまで、硬軟取り混ぜ幅広いテーマを取り揃えています。

  • 日時:随時(ご相談ください)
  • 会場:公民館、地区福祉ひろば、デイサービス、福祉施設、民間サロン、小・中学校、各種学校、ほか

 

<ボランティア養成講座>学びます!

プラチナ世代の不安や悩みなどの分かち合い、自己発見と仲間作りのため、傾聴ボランティアとして地域で活動するため、2013年より「傾聴ボランティア養成講座」を自主企画し開講しています。
また、ボランティアスキル向上のため「託児ボランティア養成講座」やプラチナ世代を楽しくいきるための「介護講座」などで学んでいます

 

<お申し込み・お問い合わせ>

市民活動サポートセンター(大手事務所2階)
TEL/FAX:88-2988
Email:platinum@support-center.jp

 

平成31年度の活動予定(上期)

開催日午前講師午後講師
4月11日スポーツ吹矢
体験
松本市
スポーツウェルネス
吹矢協会
交流会 
5月 9日事例から学び自分で作る
家族間の信託契約
家族信託
(質問・相談)
6月13日チンチン電車沿線の
歴史散歩
(浅間温泉②)
臼井歴史散策の
振り返り
臼井
7月11日祭のいわれについて博物館職員ふれあいサロン
に参加
 
8月 8日「令和」の典拠『万葉集』
の世界~意外に身近な
奈良時代~
太田真理
(フェリス女学院大学
非常勤講師)
フルーツカービング上條(恒)
9月12日さわやか健康教室長野県
健康生きがいづくり
アドバイザー協議会
中信支部
交流会 

※講座は変更の可能性があります。詳細は、市民活動サポートセンターまでお問合せください。
※お車でお越しの場合には、市役所の駐車場か周辺の有料駐車場をご利用ください。

 

平成31年度の活動

 

プラチナサロン(7月11日)〇「なぜ、祭りをするのか」~四季の祭り~ 講師:木下 守 氏(松本市博物館館長) 〇ふれあいサロンに参加~「サマーコンサート」~ ◯交流会

講師自己紹介 講義の様子 質疑応答

 7月のプラチナサロンは、松本市博物館館長の木下氏から「なぜ、祭りをするのか」について、 お話をお聞きしました。当日は、ちょうど松本神社のお祭りと重なり、また、これから夏に向かって、各地で多くの祭りが開催されることから、参加者にとっては、興味深い講座でした。
 「祭りとは何か。」「神様はどこにいるのか。」「神様をどのようにお祭りするのか。」と講座は進め られました。神様は高いところ(天)にいるという考えがあり、その神様が私達のところに降りて くる、それが「雷」。「神様」がお「成り」になるからカミナリ。虹もまた神様が降りてくる「橋」 だと考えられていたとお聞きすると、これからの季節に多くなる「雷」も怖さより親しみが沸くよ うな気がしました。
 午後は「ふれあいサロン」に参加して、17曲を参加者で一緒に歌いました。そして、ふれあい サロン終了後には、それぞれの「思い出の歌」を発表しながら交流をしました。思い出のエピソー ドを聞くことで、その方の人生の1ページを垣間見ることができたと思います。

ふれあいサロンに参加 「雨ふり」の歌のいわれ 「翼をください」の歌で体操披露

 

プラチナサロン(6月13日)〇「チンチン電車沿線の歴史散歩」浅間温泉(その2)  大音寺周辺から「中浅間駅」までの散策 講師:臼井 光裕(プラチナサポーターズ松本) 〇歴史散策の振り返り DVD鑑賞(参加者持参)

チンチン電車終点の場所 参加者 枇杷の湯

6月のプラチナサロンは、人気の「歴史散策」で、昨年秋に続き、「チンチン電車沿線の歴史散歩」浅間温泉(その2)を行いました。今回は、春のお彼岸に大火災があった、大音寺跡周辺を散策しました。当日は、先日までの天候が信じられないほどの好天気で、大音寺山からは、松本市内や北アルプスが一望でき、とてもきれいでした。今回の散策では、浅間温泉を走っていた路面電車、松本城主の関連遺跡、地域に関わる歴史や人々の事績をたどり、身近な地域でありながら、初めて知ることがあまりにも多く、参加者は驚きの連続でした。
午後は、散策の振り返りを行いました。参加者で路面電車が走っていた、昭和30年代を映したDVDを持参してくださった方がおられ、懐かしい当時を振り返りながら、映像を楽しみました。

北アルプス遠望 石井柏亭歌碑 中浅間駅跡

 

プラチナサロン(5月9日)〇事例から学び自分で作る家族間の信託契約 〇実例、質問

家族信託 家族信託 家族信託 家族信託

 5月のプラチナサロンは、「家族信託」について、2回目の講座を開催しました。今回は、「事例から学び自分で作る家族間の信託契約」介護、認知症になる前に自分と家族を守る方策は。と題して行いました。最近、各方面で「家族信託」の必要性が言われるようになってきたことから、関心のある方々が参加されました。「元気なうちに相続の話をするのは、ためらってしまう」「死を待っているようにとられてしまう」など参加者からの意見が出ましたが、講師からは、実際に信託契約をしていないために、困って相談された事例や、家族信託の実例を幾つかお聞きしました。参加者の中には、公証役場に行って、すでに相談された方もおられて、費用や、対応について話していただきました。
 最後に、「相続は、財産がたくさんある家だけのことではなく、ほとんどの人に関係する事で、元気なうちにやっておくことが良い。日ごろから、家族間で気楽に話せる関係が大切」との講師の言葉に、参加者は改めて「家族信託」について考えたようでした。

 

プラチナサロン(4月11日)〇「吹き矢体験」講師:松本市スポーツウエルネス吹矢協会 〇交流会 健康体操、マジック等

講師紹介 参加者 準備体操

新年度、最初のプラチナサロンは、松本市スポーツウエルネス吹矢協会、会員の方の指導による「吹矢の体験」を行いました。ここ数年、地域やいろんな場所で話題になった「健康吹矢」ということで、たくさんの方が参加されました。5つの的を用意していただき、5名の会員の方が1つの的に1人ついて、基本の動作、呼吸法などを丁寧に教えてくださいました。初めての方がほとんどでしたが、的に当たる感触を実感し、ゆっくりの動作や呼吸法がいかに大切か学びました。協会の会員の方で、「ケガをして、両腕が上がらなくなっていたが、吹矢を続けていたら、今では腕が上がるようになりました。会員には、健康を崩していたけれど、健康になった方がけっこういますよ。呼吸って大事ですね。」とおっしゃっていました。何よりも、気軽に、楽しくやることが大事だそうです。

基本動作 体験 交流会(マジック講習)

 

 

平成30年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成29年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成28年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。