プラチナサポーターズ松本/プラチナサロン
過去の活動  ■R3  ■R2  ■H31  ■H30  ■H29  ■H28 

プラチナサポーターズ松本

ゆとりの出来た時間をいきいきと!新たな発見!自分のために、社会のために。地域でビューしませんか?

※「プラチナ」とは?歳月を重ねて一層輝くシニア世代のこと。

<プラチナサロン> 地域デビューを応援します!

社会参加のきっかけ作りと情報提供の場として、プラチナサロンを毎月1回開催し、プラチナサポーターズ登録講師による各種講座や仲間作りのための交流をしています。はにかみ屋さんの男性が参加しやすいように、企画運営には男性がたくさん関わっています。
(特技披露、体験講座、健康体操、うた、茶話会、etc)

  • 日時:毎月第2木曜日10:00~15:00(※コロナ禍を踏まえ、現在午前中のみの開催となっています。)
  • 会場:市民活動サポートセンター

 

<プラチナコーラス>歌で楽しむ、仲間づくり!

プラチナサポーターズの歌好きが集まり、童謡から昔懐かしい昭和の歌、現代の歌まで誰もが口ずさめる歌を選び、指導者の三木明子先生の楽しいおしゃべりと指導のもと、みんなでガヤガヤ真面目に歌っています。年間の活動として、プラチナフォーラムでの発表や高齢者施設へのボランティア出演なども行い、シニア世代の生きがいづくりや仲間づくりにもなっています。

  • 日時:毎月第3金曜日10:00~12:00
  • 会場:市民活動サポートセンター
  • 参加費:1回300円

(注)現在、新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用でソーシャルディスタンスを取りながら歌を歌っていますので、ご理解ご協力をお願いします。

 

<出前講座>タレント講師派遣します!

プラチナサポーターズに登録するタレント(特技ボランティア)を市内施設や地域に派遣しています。
漫談、落語、マジックなどの演芸、民話の語りや音楽などを披露し、観客を楽しませるエンターテイナー。健康体操を指導する保健師や家族信託など資産に関する専門家…等々。現役時代の専門分野を噛み砕いて楽しく伝える講義(科学・化学、わが町の歴史など)や伝統文化伝承、男の家庭科、雑学に至るまで、硬軟取り混ぜ幅広いテーマを取り揃えています。

  • 日時:随時(ご相談ください)
  • 会場:公民館、地区福祉ひろば、デイサービス、福祉施設、民間サロン、小・中学校、各種学校、ほか

 

<ボランティア養成講座>学びます!(※現在休止中です。)

プラチナ世代の不安や悩みなどの分かち合い、自己発見と仲間作りのため、傾聴ボランティアとして地域で活動するため、2013年より「傾聴ボランティア養成講座」を自主企画し開講しています。
また、ボランティアスキル向上のため「託児ボランティア養成講座」やプラチナ世代を楽しくいきるための「介護講座」などで学んでいます

<お申し込み・お問い合わせ>

市民活動サポートセンター(松本市役所大手事務所2階)
TEL/FAX:88-2988
Email:platinum@support-center.jp

 

■ プラチナフォーラムのご案内 ■

第8回プラチナフォーラム ~いつまでも輝く、プラチナ人生!~

日 時令和4年2月26日(土)13:30~15:30(開場 13:00)
会 場松本市総合社会福祉センター 4階大会議室(松本市双葉4-16)
定 員100名 ※事前申し込み 2月1日から
参加費無料
プログラム
 13:30 開会
13:35 プラチナサポーターズの紹介&コーラス
14:00 コンサート&お話
   「今、伝えたいコトがある」
    出演:鳥羽弘純 とりのはねスペシャルBAND
15:30 閉会
主 催プラチナサポーターズ松本
松本市市民活動サポートセンター
松本市社会福祉協議会ボランティアセンター
お申込み/
お問合せ
松本市市民活動サポートセンター
TEL/FAX:0263-88-2988 E-mail:support-center@support-center.jp
会場アクセスお車:国道19号を南方向へ直進。野溝交差点を左折して約2分
電車:JR南松本駅下車 徒歩5分

 

■ プラチナサロン(下半期)のご案内 ■

開催日タイトル講師実施
11/11(木)チンチン電車歴史散歩(6)臼井光裕(プラチナ会員)
12/9(木)あなたに会えて良かった(歌とお話)鈴木幹夫中山公民館長)
1/13(木)新春寄席 中止
2/10(木)認知症の予防/介護実体験健康づくり課 
3/10(木)シニアのためのスマホ教室(2)スマホアドバイザー 

※各回とも時間は午前10時から開催

 

令和3年度の活動

 

プラチナサロン(12月9日)「あなたに会えて良かった」~歌と話~

 ○出演:鈴木幹夫中山公民館長(ギターうた)/星井彰美さん(ピアノ 鍵盤ハーモニカ)

「あなたに会えて良かった」~歌と話~ 「あなたに会えて良かった」~歌と話~

 12月は市民活動サポートセンター内でプラチナサロンを開催しました。
 今回は、プラチナ理事の上條文男さんと交流がある鈴木幹夫中山公民館長の歌と話を聞きました。
 鈴木さんは公民館長でもありながら、「ぽこ・あ・ぽこ」というグループでの音楽活動や市民タイムスにコラムを連載するなど多才に活動しています。鈴木さんが作った曲を2時間たっぷり熱唱していただき盛大に盛り上がりました。震災や原発の話や家族の日常を歌った曲などに参加者たちは共感している様子でした。
 鈴木さんの人脈等で大勢の方に来てもらいサポートセンターを知っていただけたと思います。今後のプラチナサロン・プラチナフォーラムの案内も渡すことができました。今回は、2名の方がプラチナサポーターズに入会していただきました。

 

プラチナサロン(11月11日)「チンチン電車沿線の歴史散歩⑥」南郷地区Ⅲ「惣社」

 ○講師:臼井 光裕(プラチナサポーターズ松本)

チンチン電車沿線の歴史散歩⑥ チンチン電車沿線の歴史散歩⑥ チンチン電車沿線の歴史散歩⑥ チンチン電車沿線の歴史散歩⑥

 9月と10月は、新型コロナウイルス感染拡大や講師の都合などで開催出来なかったことから、2カ月ぶりにプラチナサロンを開催しました。風が強い一日でしたが、陽射しは暖かく秋晴れの良い散策ができました。
 惣社伊和神社に集合してから、境内にある樹齢1000年のケヤキ群の見学や散策途中にある道祖神と周辺の石碑の歴史を学びました。
 散策の最後は、中町ちきりや工芸店の主人であった丸山太郎氏が世界や日本国内で集めた日常品を展示している松本民芸館を見学しました。住宅街にひっそり佇む建物は丸山太郎が住み、土地も含めて昭和58年に松本市に寄贈したそうです。
 館内には、ほかにも6000点以上の世界各国色とりどりの収蔵品が展示されており目を見張る作品が多く素晴らしかったです。

 

プラチナサロン(8月9日)「NPO法人アルプス善意通訳協会について」&「木造建築の木について」

 ○講師:高山 洋(アルプス善意通訳協会 副理事長)/プラチナサポーターズ松本理事

NPO法人アルプス善意通訳協会について NPO法人アルプス善意通訳協会について NPO法人アルプス善意通訳協会について

 ちょうどこの日、松本市が新型コロナレベル5に引上げという状況でしたが、感染対策を徹底した上でプラチナサロンを開催いたしました。
 今回の参加者はプラチナ会員のみとし、高山さんが副理事長を務めるNPO法人アルプス善意通訳協会の活動を紹介してもらいました。
 臼井会長の挨拶から、レベル5に引上げになったことに踏まえた松本市の対応を山田センター長に話していただいたあと、2015年に亡くなったプラチナサポーターズ松本(前)会長、百瀬丘(たかし)会長への追悼として、高山さんが下記の3曲目でサックスを演奏しました。
(アメイジンググレイス・時代・栄冠は君に輝く♪)

NPO法人アルプス善意通訳協会について(資料参考) 私たちが気軽に呼んでいるアルサさんの正式名は「NPO法人アルプス善意通訳協会」 Alps Language Service Association 頭文字をとって「ALSA」アルサ といいます。 長野冬季オリンピック(1998年)のための通訳強化トレーニングセミナー受講者が中心となりボランティアを23年前から活動しているそうです。
おもに松本城を訪れる外国人観光客(英語を中心にフランス語、スペイン語、ポルトガル語 中国語)の通訳ガイドサービスを提供するボランティアグループで、英語のメンバーは毎日待機所で待機しているそうです。他国は予約対応とのこと。
コロナの影響で2020年2月から活動を休止しているそうですが、月2回市民活動サポートセンターにて多言語化講座を開催し、会員のスキルアップ研修を行っています。活動が出来るようになったらお城について「良い説明」が出来るカリスマガイドを目指して日々活動しているとのことでした。

 後半はお城で聞かれることが多い木造建築の木についての説明がありました。日本のお城が人気なのは、古いからではなく「木造」だから。西洋の文化とは違い、木は日本の文化、木について関心を持ってほしいとのことでした。

 

プラチナサロン(7月8日)「シニア向けスマホ教室」

 ○講師:ソフトバンク専門アドバイザー 鳥羽さん、土屋さん、唐木さん

「シニア向けスマホ教室」 「シニア向けスマホ教室」 「シニア向けスマホ教室」 「シニア向けスマホ教室」

今回は市民活動サポートセンターにてプラチナサロンを開催いたしました。
長野市より専門アドバイザーが来訪してくださり、1時間半は講義、後半の30分は質疑応答の時間を設けました。
一人1台、アンドロイド端末を使ってスマートフォンの便利な機能や地図の扱い方、写真の撮り方を学びました。資料がないので、教室で学んだことを少しまとめてみました。

 ・「スマートフォン」とは? → スマート=賢い フォン=電話
 ・「アプリ」とは? →機能 

アプリの数は200万以上、アプリの追加で機能が増やせ使いやすくできる。人気のアプリのインストールは無料だが、テレビCMと同じ広告が表示される。

スマートフォンの種類 
 ・iPhone りんごマーク apple社
 ・android グーグル 色々なメーカーが作る。
スマートフォンのカメラはきれい、新聞や雑誌を撮ってメモ替わりにする人もいる。スマートフォンがあれば地図帳はいらない。

○便利な機能を紹介
 ・グーグルレンズ→見たことがあるのに名前が分からない、見たものをそのまま検索できる。
 ・音声アシスタント(声で検索)

「今日の天気は?」「6時に起こして!」など端末に向かって声を掛けると、画面が反映されたことに皆、驚いているようでした。
たくさん触れることが上達のコツとのことでした。今回のサロンは女性の参加者が多く、後半の 質疑応答では自分のスマートフォンを持って講師に分からないことを聞いている方がいました。

 

プラチナサロン(6月10日)「チンチン電車沿線の歴史散歩」⑤ 南郷地区Ⅱ「南浅間~元町~横田~曙町」

 ○講師:臼井光裕(プラチナサポーターズ松本)

「チンチン電車沿線の歴史散歩」⑤ 「チンチン電車沿線の歴史散歩」⑤

 コロナの影響もあり今回も時間を短縮し午前中までとしました。
 朝から暑い中、松本市総合体育館に集合し国体道路を南下しながら南浅間~横田周辺にある歴史事績を巡りました。国体道路は昔チンチン電車が通っており、今のバス停留所がある場所は停車場跡のようです。
 後半は女鳥羽川沿いを歩き、信州大学医学部旭キャンパス内にあり国の登録有形文化財になっている「通称赤レンガ倉庫」を(現在は医学部資料室として使用)見学しました。
 松本に駐屯していた旧松本歩兵第五十連隊の糧秣庫(りょうまつこ・食料保管庫)として明治41年建てられました。現在の信州大学旭キャンパスの大部分が旧松本歩兵第五十連隊の駐屯地でした。
 臼井会長が丁寧に作成した資料と実物を目にしての講義が進みました。

 散策のサロンは人気があり、今回は8名の方が参加していただきました。2時間たっぷり歩き疲れましたが、松本の古い歴史を知ることができて良かったです。

 

プラチナサロン(5月13日)「ウォーキングサッカーinかりがね」

 〇講師:(株)松本山雅コミュニティ 久保 翔さん、今井昌太さん(元選手)

サッカー サッカー サッカー サッカー

今回も午前中までとし、かりがねサッカー場にある多目的広場で開催しました。
ウォーキングサッカーとは「走らない」「ボディコンタクトなし」が基本ルールのイングランドで誕生した「歩く」サッカーです。
最初は2人一組でタオルを使ったストレッチを行った後、4人編成3チームに分かれて柔らかいボールでボーリングピンを倒すゲームを行いました。後半は6人編成男女混合2チームに分かれて試合を行いました。
試合中は走ってしまう方も多かったですが、慣れてくると走らなくなりました。
アシストバスから見事なゴールも決まり、チーム一人一人の距離も縮まり楽しい雰囲気で行うことができました。

 

プラチナサロン(4月8日)「バードウォッチング&山菜講座inアルプス公園」

〇講師:上條恒嗣(前)信州野鳥の会会長(プラチナサポーターズ松本)

バードウォッチング バードウォッチング バードウォッチング バードウォッチング

今回も屋外でプラチナサロンを開催いたしました。
野鳥観察を中心に園内に生えている山菜について学びました。野鳥図鑑や山菜図鑑を持参した参加者たちは、鳴いている鳥の行方を双眼鏡で見て楽しんでいる様子でした。
アルプス公園内で確認とれた鳥は、シジュウカラ・メジロ・ウグイスです。お目当てのオオルリが飛んでいなかったことは残念でした。
生えている山菜は毒のあるもの以外は全て食べられるとのこと。調理をするなら天ぷらやみそ汁の具にして食べるのが美味しいそうです。
曇り日だったので少々寒かったですが、2時間たっぷり歩き良い運動になりました。

 

 

 

令和3年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
令和2年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
令和元年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成30年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成29年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。
平成28年度の活動状況についてはこちらをご参照ください。

 

 

<お申し込み・お問い合わせ>

市民活動サポートセンター(大手事務所2階)
TEL/FAX:88-2988
Email:platinum@support-center.jp