◇新型コロナウイルス関連のお知らせ

※ こちらをご覧ください

◇チャレンジ新企画の募集&事業

※ こちらをご覧ください

◇チャレンジ新企画開催~クマってどんな動物?

~信州ツキノワグマ研究会のパネル展示始まる!~

11月19日(土)から12月25日(日)まで、NPO法人信州ツキノワグマ研究会による「紙芝居の原画及びこども版信州ツキノワグマハンドブックのパネル展示」が、松本市市民活動サポートセンターで始まりました。(下写真は、パネル展初日の様子)

 パネル展初日の11月19日には、紙芝居とクマの学習会を行いました。クマの生態や暮らしを中心に、人とクマが安心して暮らしていく、共生のために知っておきたいことを学びました。

 当日は、クマってどんな動物?、どこに暮らしているの?、なぜ人の近くにいるの?、クマとともに暮らしていくためにはどうすればいいの?など…紙芝居を使って子どもたちに分かりやすく問いかけてくれました。後半では、クマの毛皮や頭骨、足型、四季を通して何を食べているかなど、展示物の説明がありました。参加した子どもたちが森の中の動物やクマのことを素直に純粋に学んでいる姿が印象的でした。

 また、展示されている紙芝居の原画は、イラストレーターの柏木牧子さんが描いた原画を12枚展示しています。そして、信州ツキノワグマ研究会が自然豊かな信州に暮らす子どもたちにツキノワグマを正しく知ってほしいという思いから制作した冊子の拡大版も8枚展示されています。子どもから大人まで多くの方に、身近にいるクマに興味をもって正しい知識を学んでいただければと思います。

◇新型コロナウイルス関連のお知らせ

❏ 感染警戒レベル5に伴うサポートセンターの対応について

 長野県は、11月4日に松本圏域の感染警戒レベルを4から5に引き上げました。新規陽性者数は6週連続(11月21日時点)で増加しており、県は「医療非常事態宣言」を発出中であることから、基本的な感染防止対策を徹底するよう注意喚起を行っています。

 そこで、市民活動サポートセンターの取組みについては、県の「感染警戒レベル5の発出に伴うお願い」に従い、引き続き感染防止対策を十分とりながらのご利用となりますので、利用される皆様には何かとご不便をおかけしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

(1) 会場予約について
・通常どおり感染防止対策を確認しながら受け付けます。
(2) サポートセンター主催の事業等について
ア 実施済みの事業
・市民活動セミナー(5月18日~6月8日、毎週水曜日、4回連続実施済)
・市民活動フェスタ(7月2日・3日に実施済)
・ふれあいサロン―夏―(7月14日に実施済)
イ 継続中の事業
・プラチナサロン(5月から毎月第2木曜日に開催中…12月は8日に予定
・プラチナコーラス(6月から毎月第3金曜日に開催中…12月は16日の午前10時~予定

❏ 新型コロナウイルス感染防止対策について

 新型コロナウイルス感染防止のため、ご利用の際は、手指の消毒、マスクの着用、人との間隔を最低1m以上空けていただきますようお願いいたします。
 また、個人でご利用の方は、お手数ですが、コロナ感染対策上、受付簿にご記入をお願いしています。皆様のご理解とご協力を重ねてお願いいたします。

最新情報・トピックス

facebook twitter youtube

サイト内検索
開館時間

◆開館時間◆
月-土曜日 午前9時~午後9時
日曜・祝日 午前9時~午後5時

◆休館日◆
毎月第1・第3月曜日
(祝日のときは、その翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

◆ボランティア相談窓口◆
松本市社会福祉協議会
   ・HPにリンクします。
   ・ボランティアセンター

clendar


松本市の「協働の基本指針」

◆市民活動と協働を推進するための基本指針

市民活動情報を募集中です!

当センターでは、活動団体の情報発信をしております。みなさまからの情報をお寄せください。
・団体の紹介
・イベントの紹介
・会員の募集情報など
掲載の申し込みは連絡・お問合せフォームからお願いします。

お問合せ・アクセス

〒390-0874
長野県松本市大手3-8-13
松本市役所大手事務所2F
tel/fax:0263-88-2988
メール:support-center@support-center.jp
アクセス(地図)

pic2 pic

MCS 
Since 2006.1.25

おすすめリンク
松本市公式ウェブサイト くるくるねっとまつもと
松本市公式ウェブサイト

長野県 県民協働・NPO・ボランティア情報コーナー
長野県 県民協働・NPO・ボランティア
情報コーナー

内閣府 NPOホームページ
内閣府 | NPOホームページ